FC2ブログ

セレブな一日

アキラが体験したセレブな日々のぶろぐです。登場人物は最初のブログで確認してください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

セレブな風の絨毯

『風の絨毯』と言う映画があるそうですが・・・(アキラは見てません・・・)それは 1枚のペルシャ絨毯誕生までを描いた日本とイランの合作映画だそうです。

その映画にちなんだ絨毯がシルクで5枚ほど作られたそうですが(映画の物はナインと言ってシルク・ウールだそうです)、そのうちの一枚が若様のサロンにあります。
 
20050222003924s.jpg ←クリックすると拡大



 
最近やっと仕事が一段落付いて、中国茶をたしなむ余裕ができました。中国茶を淹れるときアキラが一番気になるのが雰囲気です。やっぱり6畳一間ではなかなか優雅な気分になれません。
こんな時はお香を焚きますが、6畳でお香を焚くとかなり強烈で、香りが強いのだとクラクラ来ます。

そんな時、若様から良いお香を教えて頂きました。『リスン』と言うお店のお香で、青山の若様のサロンの近くにあり、1本から売ってくれます。アキラのお薦めはフローラルブーケです。

香りがあるとやはり雰囲気がでます。良いお茶、良い茶器が手にはいると、やはりお茶好きは小物や家具などに凝ってみたくなります。

若様のサロンには中国茶の茶藝室があり、そんなに広くないのですがやはりしつらえが圧巻です。特に『黄花梨』と言う木の椅子は、その昔、中国の王族や貴族しか買うことを許されなかった物だそうです。(・・・っていうか、椅子一脚で高い車買えるなんて何か間違えてる・・・)

その他、エミリオ・ロバの2mぐらいある蘭のアートフラワー(世界に一点)やペルシャ絨毯などは部屋の雰囲気をグッと盛り上げて、貴族になった気分がします。成金とは異なる風格です。

明朝(中国の明の時代風)の茶室はどちらかと言うと地味な雰囲気ですが、このペルシャ絨毯が一枚あるだけでゴージャスさがまします。
でも、ペルシャ絨毯とはなんでそんなに高いのでしょう?それは目の細かさだそうです。(詳しく知りたい人は映画・風の絨毯を見てね。)1センチ四方に100目あるそうなので、一枚の絨毯を織るには気の遠くなる人と時間が必要なのでしょう。高いのも納得です。

では風の絨毯はどのぐらいするのでしょう?映画で使われた絨毯は山車に使う物なのでイレギュラーなサイズで、ナイン地方で作られているため、シルクとウール製です。公式サイトでは一千万円とでていました。映画にちなんで作られた絨毯はクムという地方の絨毯でオールシルクです。さわるとヒンヤリして絨毯って感じじゃないですね。というか、ペルシャ絨毯を見たのは初めてですから・・・

いろいろネットで捜しているうちに見つけました。クムの風の絨毯のお値段は500万円以上だったんですね・・・知らぬ事とはいえ、ゴロゴロしてしまって反省です。

さすが、いい物で固めていると雰囲気がすばらしく、そんな所でお茶を飲んでる若様って・・・セレブって言うより貴族そのものですね。アキラたまに呼ばれても貴族の雰囲気を味あわせて頂いています。まぁ、貴族と言うよりは太鼓持ち程度ですが・・・

そんな茶室にはほど遠いのですが、アキラも高島屋でエミリオ・ロバの薔薇を買いました。・・・バーゲンのですが。そして青山のトルコ人の店でキリムを買いました。目が粗くレゴのような幾何学模様ですが、それなりに気にいています。結構優雅ですよ。

ちなみに若様から二胡のCDを頂きました。リスンのお香とよくあいます。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/22(火) 00:47:17|
  2. セレブ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<黄花梨 | ホーム | セレブな茶器2(景徳鎮)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://aoyama.blog2.fc2.com/tb.php/23-e5cf885e

アキラ

11 | 2018/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。